この比較テストは購入する際の参考としてください。お客様の使用される環境や、お好みもございますので
実験結果が良ければいいというわけでもありません。あくまでも参考程度に活用してください。

実験 ① マンション流通ディスポーザーとの粉砕能力テスト

  比較するメーカー

比較するメーカーは「適合評価所得モデル」で主にディスポーザー付マンション内のクローズマーケットで流通している製品になります。

  実験内容

◆各社、5回ずつ行い平均値を比較した。
◆粉砕性能の確認の為、運転時間を15秒とした。

  実験結果

  枝豆の莢
200g
標準生ゴミ
250g
鶏骨10本
(90g)
粉砕能力 備考
5.0g残(※1) すべて粉砕 すべて粉砕 ★★★★ 髭を寸断するように設計
12.0g残(※1) すべて粉砕 すべて粉砕 ★★ 粉砕粒度が小さく配管詰まりの要因に
130.0g残(※1) 94.0g残(※1) 94.0g残(※1) 髯を残るよう調整し排出口で止まるように設計
105.7g残(※1)

(※1)…15秒で処理できない量

まとめ
スキュー状グラインドリングを採用しているモデルF-13がもっとも粉砕能力が高い事が分かります。

実験 ② 世界規格基準品との粉砕能力テスト

  比較するメーカー

ワールドスタンダードクオリティ(世界規格基準)レベルをクリアしている製品になります。

  実験内容

  実験結果

  枝豆の莢
200g
運転時間33秒
鶏骨
250g
運転時間35秒
粉砕終了 粉砕終了
5.0g残 21.2g残
6.0g残 21.2g残
まとめ
鶏骨、枝豆の莢の粉砕テストにおいてモデルF-13がもっとも粉砕能力が高い事がわかります。